MENU

お電話いただいたら、残業代請求専門弁護士
残業代いくら請求できるか、15分で判断します。

1円でも多く残業代を請求する方法がスタート法律事務所にはあります
総請求件数700件、総請求金額10億5千万円のスタート法律事務所だからこその、具体的な請求方法があります。
しかも相談料0円・着手金0円、訴訟になった場合の費用はスタート法律事務所が全額を立て替えます
残業代を請求するあなたに、金銭的な損失は何もありません。残業代が時効になってしまう前に、まずは一度、ご相談ください。

残業代、あなたが働いた分
きっちり支払ってもらった自信はありますか?

「残業代を請求したいけど、何をすればいいかわからない」
「弁護士事務所はたくさんあるけど、どこに相談するのがいいの?」

残業代が請求できるとしても、本当に自分にあてはまるのか?絶対大丈夫か?身近な人に聞いても、確かな答えは得られないでしょう。

労働基準監督署(労基署)に相談する方法もあるかもしれません。
ですが、労基署は会社に対して残業代を払う交渉をしてくれるわけではなく、会社全体に指導するだけですので、効果はいまいちです。
また、タイムカードなどの明確な証拠がある、例えば工場勤務などの職種でない限り、相談するのは難しいのが現状です。

労基に行ってみたけれど、「絶対に残業代が請求できる保証はありません」と言われ、ますますどうしたらいいのかわからなくなる。
当事務所へ相談いただく方は、みなさんこのような感じです。

こんな人に
必要です
  • 残業代を支払われていなかった前職を辞めてから2年以内
  • 現在の職場で残業代が支払われていない
こんな人には
必要ありません
  • 残業代を支払われていなかった前職を辞めてから2年以上経っている

スタート法律事務所の3つの特徴

弁護士が電話で
15分以内にスピード回答
お電話いただけましたら、弁護士がその場で15分以内に、残業代請求できるのか、いくら請求できるのかをお答えします。

相談料0円・着手金0円・
実費は後払い
相談料・着手金とも0円、実費は残業代が支払われた後の精算となりますので、手持ちのお金がない方でもすぐに残業代請求ができます。

裁判・訴訟のリスクがゼロ
裁判費用は全て立て替えます。万が一裁判に負けた場合は、費用は全て当事務所が負担。依頼者さまのリスクはゼロです。

※配達証明付内容証明郵便実費、裁判のための印紙代・郵便切手代等の実費はお客様負担ですが、当方で立て替え支払いして、後に会社から残業代の支払いを受けた時に精算支払いをしていただきます。

残業代についてこんな悩みはありませんか?

問題 この中で残業代を請求するにあたり 証拠になるものは・・・?
  • 労働契約書・雇用契約書
  • タイムカード・勤怠システムのデータ(のコピー・スマホ写真)
  • シフト表
  • パソコンの起動開始・起動終了時間(ログイン・ログオフ時間)
  • 日報・業務報告書(出勤時間・退勤時間が記入されているもの)
  • 運行記録(出勤時間・退勤時間が記入されているもの)
  • トラックのデジタルタコメーター(運送業)
  • 年間のスケジュール日誌(自筆で記録したもので、仕事内容の記録と出勤時間と退勤時間が記載されている)
  • LINEに記録された出勤の連絡や退勤の連絡
  • 販売員の名前と時間が入力された販売記録(ガソリンスタンド・販売員さんなど)
  • 上司から送られてきた残業指示メール・LINE
  • PitapaなどのICカード型定期券で出勤している場合に、改札口に入った時間記録
  • 退勤時に奥さんへの「今から帰る」という連絡メール・LINE
  • 警備室があるビルでの入退室記録
正解 すべて残業代を請求する 証拠になります

弁護士紹介

弁護士 鈴木敬一
残業代請求の実績多数あり。弁護士歴30年以上のベテランです。

所属弁護士会 大阪弁護士会
経歴
  • 大阪市立大学 法学部卒業
  • 昭和60年 弁護士登録

残業代請求の流れ

お電話でお問い合わせ
まずはお気軽にお電話ください。
スタッフが応対しますので「残業代請求について相談したい」とお伝えください。弁護士におつなぎします。
現在の状況についてお話し下さい
弁護士がお客様の状況について、直接、お話を伺います。
15分で残業代請求の金額について回答します
残業代請求できるか、できるとしたら金額はどのくらいか、そのままお電話で回答します。

最後に

残業代の請求は、2年間で時効になり、請求できません
いまもし、請求するかどうか悩んでいるとしたら、
その1日ごとにあなたの働いていた残業1日分がなくなっているかもしれません。
気になったら、まずはお電話ください。